舞っているお札
積立金

利用スタイルを考える

クレジットカード現金化はとても便利な方法なので、一度使うと癖になってしまいかねません。現金化はあくまでの緊急で現金が必要な時の方法として認識し、賢く利用していくことが必要です。

くしゃくしゃのお金

現金化の方法は?

クレジットカード現金化をする!といっても実際には2つの方法があります。実際にどちらの方法が優れているのか比較してみましょう。どちらの方法もメリットとデメリットがあるので覚えておきましょう。

青空

認識するべきこと

あくまでもクレジットカード現金化はグレーゾーンの行為です。なぜグレーなのか、というと、クレジットカード会社の規約違反にあたっても法律的には問題ないからです。利用する方はこれを認識しておかないといけません。

並んでいるお札

トピックリスト

「流行りのクレジットカード現金化!業者を利用して安全に!」のトピックリストです。

ここに気をつけよう!

貯金をしている男性

クレジットカード現金化業者や、クレジットカードを現金化する人が増えていることもあり、現金化業者の比較サイトも増加しています。
比較サイトを参考にする際には、一つ注意しなければならないことがあります。それは「特定の業者を選ぶように仕向けられている場合がある」ということです。
これはつまり、それぞれの比較サイトが実はある業者の宣伝に使われている、ということです。そのように特定業者の宣伝に使われている比較サイトは、あまり信用できません。
そこでこの記事では、「よく謳われている怪しいキャッチコピー」について説明いたします。「このキャッチコピーはあり得ない」と知っておけば、悪質な比較サイトに騙される心配はありません。

怪しいキャッチコピー1:還元率(換金率)90%以上

よく見るキャッチコピーに「還元率90%以上!」があります。これははっきり言って、ほぼあり得ません。
現金化業者も利益を得る必要がありますから、クレジットカード現金化の還元率(換金率)はせいぜい「80%程度」が限界です。それを超える還元率を謳っている業者は、多くの場合に「実は還元率が70%程度」だったという事もあります。「還元率90%以上!」には騙されないようにしましょう。(ただし、高額になればなるほど換金率が上がることが多いので、確実にあり得ないというわけではありません)

怪しいキャッチコピー2:業界トップクラス

「業界トップクラス」という宣伝文句もありますが、これもあまり信用できません。複数の業者が同じような宣伝文句を使っているからです。一体何を基準にして「トップクラス」と言っているのか、怪しいですね。
クレジットカード現金化は、グレーゾーンの行為です。業者を通す場合には、信用できる業者を利用したいですね。